スリング

スリングはいつから使える?効果的な寝かし付け方法と使い方のコツ

スリングはおんぶ紐と違って 新生児の赤ちゃんも使える優れもので、いつから使えるものかと言うと、生後2週間目以降から使うのが望ましいとされています。

新生児の赤ちゃんはスリングの袋の中の狭さが大好きです。

ママの子宮にいたときと同じように、肩をすぼめて小さくなっていられるので、ママのお腹の頃を思い出して、気持ちよくなって眠ってしまうというわけです。

ママの体調と赤ちゃんの安全を考えて、スリングをいつから使うかを判断し、正しく安全に使いましょう。

ここでは、スリングはいつから安全に使うことができるのか?と、使い方のポイントと効果的な寝かし付け方法について紹介します☆

スリングはいつから使える?

スリングで抱かれている赤ちゃんスリングはいつから使えるのかというと、先ほどもお話ししましたが、多くのメーカーが「生後2週間から使用可能」となっています。

ママが使用するときは産後すぐは体調も万全ではないので、 いきなり産後にスリングを使用するのはやめましょう。

そして、新生児の赤ちゃんをスリングで抱っこするのは、生まれてすぐは避けて下さいね。

新生児は首の座りがしっかりしていないのはもちろんのこと、産院から退院して2週間程は お布団にねんねをさせて体調を見る時期ですので、最低2週間はスリングの使用は避けましょう。

産後2週間もすると、赤ちゃんもママも身体が安定してくるのでスリングを安心して使用することが出きます。

また、抱き方は基本の新生児抱きで、赤ちゃんに負担のないように長時間使用することも避けましょう☆

スリングは付属品なしで新生児から使える!

スリングは生まれたての赤ちゃんには不向きですが、退院して2週間程度たち、健康状態が良好で機嫌がよければスリングの利用は可能になります。

ベビーキャリーは別売りの新生児用パットを使わないと新生児には使えないものがほとんどですが、スリングはそのまま使えて便利!

新生児の赤ちゃんはなかなか寝付けなくてグズグズしやすいのですが、スリングでママと密着して抱っこしてあげるとすぐに寝てくれることが多いのも特徴です。

赤ちゃんの寝かしつけに苦戦しているママにも、スリングはおすすめのアイテムです☆

スリングはママの負担を軽減してくれるアイテム!

スリングで抱かれている赤ちゃん新生児の赤ちゃんのお世話をするママやその他の大人は、 ぐずる赤ちゃんを1日中、手や腕で抱っこしているのはとても辛いものです。

特にぐずった時、寝ぐすりの時、なぜかわからないけれど泣き止まない時などにスリングに入れてあやしてあげましょう。

そうすることで、簡単に泣き止ませてあげたり、眠らせてあげることで お互いの気持ちの安定にも繋がりますよ。

お布団に寝かせても、抱っこでも泣いてぐずってしょうがない!という新生児の赤ちゃんは 特にママのお腹の中の気持ちよさを覚えています。

そんな赤ちゃんには、生後2週間、または3週間くらいからスリングでの寝かしつけにトライしてみるとよいでしょう。
授乳中の赤ちゃん
スリングで授乳するのは危険?スリングを使った安全な授乳方法とは?生まれてすぐの新生児の赤ちゃんを包み込むように抱っこして、寝かしつけに大活躍してくれるスリングですが、実は授乳にも使うことができることを...

スリングで赤ちゃんを寝かしつける方法

スリングで抱かれている赤ちゃん新生児の育児の中で辛いことはいくつもあると思いますが、やはり「寝かしつけが大変」これが一番ではないでしょうか。

抱っこして1時間、せっかく寝ても布団に降ろした途端に泣き出す…こういった悩み、皆さん経験していますよね。

その悩みを少しでも解決すべく、スリングを使った寝かしつけ方法について紹介します!

新生児が安心できるスリング

新生児の赤ちゃんをスリングで寝かしつける方法の前に、スリングを使うとどういった状態になるのか、なぜ赤ちゃんがリラックスするのか?そして、どうして寝かしつけが簡単で良く寝てくれるのでしょうか??

それは、スリングで抱っこされるとママのお腹の中のような心地よさを体感できて、ママと密着するため体温を直に感じることもリラックスできて寝かしつけが楽になる理由の一つでしょう。

寝かしつけ方法はとても簡単で、新生児の赤ちゃんをそっとスリングに入れて片手で支えながら、ゆっくりゆらゆらするだけです。

その結果泣きんで、いつの間にか寝てくれるので、寝かしつけがとても楽になるのです☆
抱っこ紐で抱かれている赤ちゃん
新生児に抱っこ紐とスリングはどっちがいい?上手な使い分け方法新生児の赤ちゃんを抱く抱っこ紐には、縦抱きにできるベビーキャリーと、横抱きで抱っこするスリングがありますが、どっちを選んだらいいのか? ...

スリングの中で赤ちゃんはグッスリ☆

寝ている赤ちゃん新生児の赤ちゃんは首が据わっていないので、横抱きにして揺らしますが、実は赤ちゃんは縦抱きが好きなんです。

ママのお腹にいるころは常に縦(逆さ状態ですが)で、ママの歩くリズムに慣らされている赤ちゃんは揺れるのは常に縦方向です。

スリングは新生児のころから縦抱きをすることが可能なので抱いて揺らすだけで寝かしつけができちゃうんです。

また、足も布の中にしまいこまれ、まさにママのお腹のなかの状態になるので、あとはママがリズムにのって揺れるだけで寝かしつけはOKなのです。

もちろん、すべての新生児の赤ちゃんがスリングで寝かしつけが楽になるとは限りませんが、まだ試していないママさんにとって、スリングが寝かしつけの救世主になるかもしれませんので試してみてください☆

まとめ

スリングで抱かれている赤ちゃんいかがでしたか?スリングはいつから使えるのかというと、生後2週間以降に使用可能となります。

スリングは赤ちゃんがお母さんのおなかの中にいる時の状態に近い状態で抱っこできるために、新生児の赤ちゃんが精神的に安心できる環境にあるとあって人気があります。

スリングは赤ちゃんが丸まった状態で抱っこされていることが多く、姿勢に負担がかかっている場合があるので、新生児期の赤ちゃんは特に首と背骨が丸まらないように注意しましょう。

また、スリングはいつからいつまで使用可能かというとそのスリングによって様々ですが、大体平均して3歳頃までというものが多いようです。

お持ちのスリングの取り扱い説明書を必ず確認してから使用しましょう☆
*関連記事  スリングを嫌がるのはどうして?赤ちゃんが泣く原因と対処法