チャイルドシート

チャイルドシートはいつから起こす?安全な使い方のポイント

チャイルドシートにはリクライニング機能が付いているものがほとんどですが、いつから起こすことができるのでしょうか?新生児の頃にはフラット~45度が一番安全と言われています。

なぜ45度なのかというと、背中に受けた衝撃を分散しやすいからです。首がすわると首への衝撃が緩和されるので、チャイルドシートを起こすことが出来ますが、まだ体が柔らかいので角度に気をつける必要があります。

また、生まれたばかりのベビーをチャイルドシートに乗せる時には気をつけたいポイントがいくつもあります。ここでは、チャイルドシートにリクライニングの使い方のポイントと注意点を紹介します!

首がすわった頃~が最適!

チャイルドシートに乗っている赤ちゃん

新生児の頃には首が座っていないので、寝たままの姿勢をとっていることが、多いのですが大きくなるにつれて、寝たままの姿勢だとグズってきてしまいますよね。

いつからチャイルドシートを起こすのかはご家庭の判断によりますが、首が座ってきて、体も少し安定してきたらお座りのような形で座らせても良いのではないでしょうか。

座るような姿勢の方が外の景色を見ることができるので、ベビーもご機嫌で車に乗ってくれるようになりますよ!

リクライニングの調節の目安

チャイルドシートのリクライニング機能は、3段階がメジャーになっています。一番倒さないリクライニングを1とした場合に、首が座ってきてお座りもできてくる半年~くらいにはリクライニングを2の状態に起こすのがおすすめです。

この月齢になったら、この位起こす姿勢がベスト!ということはないのでいつからチャイルドシートを起こすのかは、臨機応変に対応することが一番です。

*関連記事  チャイルドシートを助手席に置いていいのはいつから?3つの安全策

赤ちゃんといえども体格にかなりの個人差があるので、当たり前ですが親が判断することが一番大切です。

安全第一に考えましょう!

チャイルドシートに乗っている赤ちゃんチャイルドシートをいつから起こすのかは、もしもの衝撃に対して、どういう風に衝撃が赤ちゃんに来るのかということを考えてから姿勢を考えると間違いないと思います。

まだ筋肉が未発達の新生児の赤ちゃんの時からリクライニングを起こしても危険ですよね。快適な姿勢も大事ですが、ダメージを分散させるような姿勢でいることが何よりも大切です。

新生児用のチャイルドシートの選び方のポイント

チャイルドシートに乗っている赤ちゃん新生児から使えるチャイルドシート購入を考えている場合、どんな選び方をすれば良いのでしょうか?選び方のポイントはチャイルドシートを使用する車の広さ・使用頻度などご家庭のライフスタイルに合わせたものを選ぶことが大切です。

チャイルドシートには使える期間でいくつかの種類にに分けることができます。新生児~1歳くらいまで使うことができるベビーシート、新生児~4歳くらいまで使うことができる乳児、幼児兼用のチャイルドシートがあります。

人気のタイプは乳児、幼児兼用タイプのチャイルドシートで、新生児から4歳くらいまで使うことができるのですが、1台で長期間使えて便利ですよ!

選び方のポイントは、まずは新生児からいつまで使えるタイプのものにするかを決めてから、機種を絞っていくようにするのがおすすめです。

ISOFIXが主流!

チャイルドシートに乗っている赤ちゃん新生児から使えるチャイルドシートということで、安全性が第一なので、選び方のポイントとしてISOFIXのものを購入するご家庭が増えています。

今主流になりつつあるチャイルドシートはISOFIXタイプですが、全ての車に使えるわけではないので、お持ちの車が対応車であるか事前に調べましょう。

新生児から使えるチャイルドシートは機能・価格共に様々ですが、選び方として大切なのは安全性なのでISOFIXが使える車種ならこのタイプがおすすめです!

新生児用のチャイルドシートはisofixが安全な理由

チャイルドシートに乗っている赤ちゃん新生児の赤ちゃんにおすすめの画期的で安全性の高いチャイルドシートがあります。それは近年人気を集めているisofixのチャイルドシートですです。

こちらはシートベルトを使わずに車に装着できるのですが、全ての車に装着できるわけではないので、事前に適合車かどうかチェックすることをオススメします。

ここでは、新生児におすすめのisofixのチャイルドシートを紹介します!

isofixは簡単に装着できて便利!

isofixタイプのチャイルドシートとは、車本体についている金具に、コネクターをロックするまで差して押し込むだけで装着OKなのです。

ベビーシートやチャイルドシートを取り付けるときに、一番のミスユースが腰ベルトの締めつけ不足なんだそうですが、isofixタイプのチャイルドシートならそのような心配はありません。
女性でも簡単に付けることができるので、ストレスフリーで赤ちゃんとお出かけをすることができるのも嬉しいですよね!

衝撃から赤ちゃんを守る!

チャイルドシートに乗っている赤ちゃん

isofixタイプのチャイルドシートは新生児から4歳頃まで長く使うことができるチャイルドシートで、前向き、後ろ向きはもちろん、3段階のリクライニングもでき、新生児の赤ちゃんも無理のない体制で車に乗ることができます。

シートにはエッグショックと言う衝撃吸収素材が使われていて、卵を落としても割れない位柔らかいので、もしもの衝撃にも耐えられますよ!

新生児の赤ちゃんでも安心して使えるチャイルドシートお探しの方に、安全性の高いisofixタイプのものががおすすめです☆