新生児のお世話

新生児に抱っこ紐とスリングはどっちがいい?上手な使い分け方法

新生児の赤ちゃんを抱く抱っこ紐には、縦抱きにできるベビーキャリーと、横抱きで抱っこするスリングがありますが、どっちを選んだらいいのか?

また、安全性が高いのはどっちなのか?疑問に感じてしまいますよね。

抱っこ紐(ベビーキャリー)とスリングの安全性は同じくらいですが、大きな違いは抱っこ紐は専用の新生児パットを使って縦抱き、スリングは何も使わなくてもそのまま使えることです。

どちらが使いやすいのか?は使う人の好みによるので、どっちがいい!とは一概に言えないものなので、ライフスタイルに合わせたものを選ぶようにしましょう!

ここでは、新生児から使える抱っこ紐とスリングのそれぞれの特徴と、使い方・選び方のポイントを紹介します☆

長く使えて便利!抱っこ紐の特徴

抱っこ紐で抱かれている赤ちゃん近年は新生児用パットが付属した抱っこ紐がたくさん販売されているので、生まれたての赤ちゃんでも安心・安全に縦抱きができるようになりました。

抱っこ紐の一番の特徴は新生児~体重20キロ(3歳頃)まで長期間使えて、両肩・腰で赤ちゃんの体重を支えるので比較的体への負担が少ないことです。

小さく畳めないのが難点

抱っこ紐の難点と言えば小さく畳むことができないので持ち運びに不便なことくらいで、ほとんどのママが抱っこ紐を愛用するのは使いやすく便利だからです。

また、新生児から使えるのはもちろん、対面抱き、おんぶなど色々な抱き方ができ、長い期間赤ちゃんとの生活には欠かせないアイテムです。

抱っこ紐を選ぶ時は、機能性だけでなく、お気に入りのデザインのものを選ぶようにしてくださいね☆[抱っこ紐]

寝かし付けに便利なスリング

スリングで抱かれている赤ちゃん一見単なる布のように見えるスリングは、袋状の中に赤ちゃんを入れてママと密着しながら抱っこできて、新生児の赤ちゃんから横抱きができるので人気を集めています。

横抱き以外にもカンガルー抱きやおんぶなど色々な抱き方ができ、使わない時は小さく折りたためるので持ち運びにとても便利です。

寝かし付けに大活躍!

スリングはママのお腹の中にいた頃の環境と似ているので、赤ちゃんをスリングで抱きながらゆらゆらしてあげると、安心してぐっすり眠ってくれるので寝かし付けに大活躍!

難点は、肩側の肩で赤ちゃんの体重を支える構造なので新生児~12ヶ月頃までしか使うことができないことです。

スリングが使えなくなったら抱っこ紐に移行するママが多いようですが、1つ持っているとさっと使えるので便利ですよ!

新生児に抱っこ紐とスリングどっちが安全?

抱っこ紐で抱かれている赤ちゃん新生児に抱っこ紐とスリングを使うときは、慣れるまではどっちも少し難しいですよね。

でも、慣れてしまえば簡単!と思っていても、慣れたからこそ事故につながってしまうことも実は多いのです。

ここでは、抱っこ紐とスリングをを安全に使用するために、知っておきたい使い方についてご紹介します☆

慣れるまでは、鏡で見てチェックすると安心!

抱っこ紐やスリングで実際に赤ちゃんを抱く前に、まずは人形などを使って練習してコツを掴んでおくことがおすすめです。

何度か試しているうちに、付け外しや長さ調節などの使い方もわかってくるので、赤ちゃんを抱っこしていきなり落としそうになった…というトラブルを回避することができます。

鏡で確認することにより、母子がしっかり密着しているか?また隙間やねじれがないか、赤ちゃんの足がおかしな方向になっていまいかなど、確認することもできますよ!

特に抱っこして、赤ちゃんが泣いて不快に感じている様子なら、抱っこする位置や向きを変えてみましょう。

新生児に抱っこ・スリングを使うと時は、どっちも色々と試して使い方を確かめてみると万が一の事故を未然に防げて安心ですよ。

抱っこ紐・スリングのしてはいけない危険な使い方

抱っこ紐で抱かれている赤ちゃん抱っこ紐・スリングはどっちも使い方が多少異なりますが、赤ちゃんの安全のためにも正しい使い方をする必要があります。

便利だからついついやってしまい、赤ちゃんが危険に遭った・・・なんてことがないよう、してはいけない使い方を確認しておきましょう!
抱っこ紐で抱かれている赤ちゃん
新生児から使える抱っこ紐で口コミ人気が高いのはどれ?選び方のポイント新生児から使える抱っこ紐を選ぶとき、実際に赤ちゃんを抱っこして試してから購入するのが理想的ですが、なかなかそうはいかないですよね。そんな...

前かがみにならないように!

抱っこ紐でもスリングでも同じですが、ママが前かがみになることにより、赤ちゃんがスルッと落ちてしまう危険があります。

赤ちゃんの頭はどうしても重いので、このような姿勢になることで、赤ちゃんの状態が不安定になりとても危険な使い方です。

また、抱っこ紐とスリングは紐で調節するタイプの物も多く、布製のものが多いので火元に近づくのは絶対にやめましょう。

赤ちゃんが寝ている間に家事をやりたい!と思った時は、スリングから赤ちゃんをそーっと降ろしてからにしてくださいね!

使用時期を間違えない

抱っこ紐・スリングは、赤ちゃんの成長の度合いによって使用できる使い方が変わってきます。

新生児から使える物、首が据わってから使えるものがあるので、どっちを選ぶ時も使い方をしっかりと確認してから使うようにしましょう。

抱っこ紐とスリングは、使い方さえ守っていればとても便利なベビーグッズなので、どっちを使うときも、使い方を誤らずに使用して、安全で快適な赤ちゃんとの時間を過ごしましょう♪

...

まとめ

スリングで抱かれている赤ちゃんいかがでしたか?

「赤ちゃんを抱っこする」という同じ目的で作られた抱っこ紐とスリングですが、その違いは意外と大きいものがあります。

どっちを選ぶかは生活環境によっても変わってきますが、ママが使いやすい方を選ぶのが一番です。

抱っこ紐もスリングも新生児から使うことができますが、体の柔らかい新生児期には横抱きをしたい場合は、スリングを選ぶのがおすすめです。

逆に新生時期から縦抱きがしたい場合は、新生児用パットが付属している抱っこ紐(ベビーキャリー)が適していますが、寝かしつけにはスリングで横抱き、おでかけには抱っこ紐で縦抱きのように、両方を上手に使い分けると便利ですよ。

両手が使える利便性を選ぶなら抱っこ紐、コンパクトに持ち運べることを選ぶならスリングと、自分の目的に合ったものを選ぶようにしましょう。

]抱っこ紐・スリングともに色々なメーカーから販売されていて、デザイン・機能も特徴があるものが多いので、どっちを選ぶにしても自分のライフスタイルに合わせたアイテムを選ぶと、長く使えて便利ですよ☆

*関連記事  赤ちゃんに抱っこ紐を使っていのは連続何時間くらい?