肌着と服装

短肌着がサイズアウトしたら次は何を着せる?ボディ肌着とは?

短肌着は新生児~3ヶ月位の赤ちゃん用なので、主なサイズは50~70cmで展開されています。

赤ちゃんの成長はとても早いので、早ければ生後3ヶ月前後でサイズアウトしてしまいますが、次はどんな肌着を着せてあげたらいいのでしょうか?

短肌着がサイズアウトしたらメインをコンビ肌着に、コンビ肌着をサイズアウトしたら、次は前開きボディ肌着を着せてあげましょう。

ボディ肌着とは別名ボディスーツとも呼ばれ、前開きタイプとかぶりタイプの2種類がある肌着です。

ここでは、短肌着がサイズアウトした後の肌着の選び方のポイントを紹介します☆

短肌着がサイズアウトしたら何を着せる?

短肌着を着ている赤ちゃん短肌着は新生児用に作られているので、サイズは50~60cmがメインなので、成長の早い子は生後1ヶ月過ぎにサイズアウトしてしまうこともあります。

50センチの短肌着がもう小さいのに無理して着せると、赤ちゃんの肌や体に負担をかけることになり赤く炎症を起こしてしまうことがあるので注意が必要です。

短肌着がもう小さいかな?と思ったらサイズアップしてあげましょう!

短肌着がサイズアウトしたら、次はコンビ肌着を単体で着せたり、前開きタイプのボディ肌着を着せてあげるのがおすすめです。

短肌着は生後3ヶ月頃までが目安の肌着

短肌着を新生児の赤ちゃんに着せていいのはいつまで、と定められてはいませんが、短肌着のサイズは50~60センチのサイズで販売されているものが多くいので、だいたい生後3ヶ月前後までの肌着となります。

短肌着をサイズアウトしたら、次はコンビ肌着のみ着せる方法と、ボディ肌着を着せる方法があります。

ボディ肌着はコンビ肌着と似た肌着ですが、また下のスナップボタンの位置が異なり、全体的に体にフィットしていて赤ちゃんも動きやすいおすすめの肌着です。

赤ちゃんがミルクを吐いて汚してしまったとしても、短肌着なら洗濯もしやすく乾きやすいのでとても便利ですが、短肌着がサイズアウトするのはだいたい生後3ヶ月頃となります。

短肌着をそる津表したらコンビ肌着をメインで着せるか、前開きタイプのボディ肌着を着せてあげましょう☆

短肌着がサイズアウトしたら肌着の種類を見直そう!

肌着姿の赤ちゃん月齢が進むにつれて赤ちゃんの身長は伸びていき、それに伴って短肌着の丈も短くなりますが、胸元は紐の結び加減で調節できるので月齢が進んでも、窮屈になることはありません。

しかし、赤ちゃんの足の動きが活発になると短肌着だと蹴りあげてしまいお腹が出てしまい、お腹の冷えが心配になってきます。

もちろん上にベビーウェアを着せていればお腹は見えないのですが、短肌着が丸まったりはだけたりして扱いにくくなってきたと感じるようになったら、コンビ肌着やボディ肌着に移行するのがおすすめです。

短肌着がサイズアウトしてしまうのも残念な気もしますが、赤ちゃんが成長した証でもあるので、赤ちゃんの成長に合わせた肌着を選んであげてくださいね!
生後1ヶ月の赤ちゃん
短肌着は何枚必要?季節ごとの準備枚数と選び方と着せ方のポイント短肌着は生まれたての新生児の赤ちゃんに着せる基本の肌着で,名前でもわかるとおり丈が腰までで少し短めになっているのが特徴で、着せ方は赤ちゃ...

ボディ肌着はどんな肌着?

肌着姿の赤ちゃんベビー用の肌着は色々な種類があり、明確に「短肌着をサイズアウトしたら次はコレ!」と決まっている訳ではないので、ママ自身が着せやすいものを選べばOKです。

でも、先ほど紹介したボディ肌着とはどんな肌着なのでしょうか?

ボディ肌着は、別名ボディスーツとも呼ばれていて、短肌着・コンビ肌着が新生児用の肌着ならば、ボディ肌着は1歳頃までの赤ちゃん期全般に渡って活躍してくれる肌着になります。

短肌着・コンビ肌着は紐で打ちかけて着せますが、ボディ肌着は胸にボタンがある前開きタイプと、頭からかぶるかぶりタイプの2つの種類があります。

それぞれ股の部分をスナップボタンで留めるので、よりベビーの身体にフィットした肌着になり、着せやすく動きやすいのが特徴の肌着となります。

...

いつからボディ肌着を着せてもいい?

先ほど、短肌着をサイズアウトしたらコンビ肌着のみ着せる方法を紹介しましたが、ママによっては短肌着をサイズアウトしたらすぐに前開きタイプのボディ肌着に移行させていますが、それも1つの方法です。

コンビ肌着はゆったりと作られているので、その上にベビー服を着せてしまうとどうしてもモッサリしてしまいがちになってしまいますよね。

でも、身体にフィットしたボディ肌着なら、夏の薄着も、冬の重ね着もしやすいというメリットもあるので、短肌着をサイズアウトしたらボディ肌着でもOKですよ!

ただし、首がすわる前の赤ちゃんに頭からかぶるタイプのボディ肌着を着せる時、首に負担がかかってしまいやすいので、月齢の小さいうちは前開きタイプのボディ肌着がおすすめです。

頭からかぶるタイプのボディ肌着は、腰がすわると着せやすくなってくるので、それまでは前開きタイプのボディ肌着を着せてあげてくださいね。

まとめ

肌着姿の赤ちゃんいかがでしたか?短肌着がサイズアウトしたら次にどんな肌着を着せるか?について紹介してきましたが参考になりましたでしょうか?

短肌着は60cm、コンビ肌着は70センチまでしかありませんが、70センチがサイズアウトする頃にはもう体もしっかりしてくるので色々な肌着が着られるようになります。

コンビ肌着より扱いやすくて便利なボディ肌着のサイズ展開は60センチ~なので、コンビ肌着がサイズアウトするのを待たずにボディ肌着へ移行するのもOKですよ。

赤ちゃんの大きさにもよりますが、短肌着・コンビ肌着がサイズアウトするのはだいたい生後3ヶ月前後です。

その頃になると体も大きくなり首もだいぶしっかりとしてくるので、色々な肌着が着せやすくなってきますよ!

頭からかぶるタイプのボディ肌着も着せやすくなってはきますが、まだ首がすわる前は前開きタイプのボディ肌着がおすすめです。
*関連記事  ボディ肌着で外出してもいい?一枚で着せてもいい?着せ方のポイント