秋の過ごし方

秋に赤ちゃんの部屋に暖房を入れる目安の温度は?冷えから守るアイテム

秋になり肌寒く感じる日が増えてくると、お住まいの地域によって秋と言えど、暖房器具が必要になってくると思います。

特に朝晩は冷えるので、赤ちゃんが過ごす部屋にも暖房をつけるべきか?悩みますが、赤ちゃんは大人より体温が高いので、大人が感じるより寒くないので、肌寒いからすぐに暖房で暖めなくてはいけない訳ではありません。

むしろ、暖房でお部屋を暖めすぎると、赤ちゃんの体温が上がりすぎて汗をたくさんかいて汗疹などの皮膚トラブルの原因にもなるので注意が必要です。

ここでは、赤ちゃんがいるご家庭の秋の暖房の使い方のポイントを紹介します☆

暖房をつける目安は?

秋の赤ちゃん秋に赤ちゃんが過ごすお部屋に暖房をつける場合、室温が15℃くらいに下がってきたら暖房をつける1つの目安となりますが、赤ちゃんの服装やお布団を調節して、暑くなりすぎないようにしてあげましょう。

暖房の設定温度は20℃にして、赤ちゃんに厚着をさせすぎないように、お布団をかけすぎないようにして、こまめに汗をかきすぎていないか?確認するようにしてくださいね。

もし、暖房をつけたことによって汗をたくさんかいているようなら、それは赤ちゃんにとって室温が高くて暑い証拠なので、暖房を消したり、赤ちゃんの服装を薄手のものにしたりして、赤ちゃんが快適に過ごせるようにしましょう。

まずは服装で体温調節!

秋の赤ちゃん過ごしやすい秋の季節ですが、朝晩がぐっと冷え込むと赤ちゃんが冷えて風邪を引かせてしまわないか?心配になってしまいますよね。

年間を通して赤ちゃんが一番快適に過ごせる温度は20~25℃なので、秋は暖房器具を使わないとこの温度にはならない日も増えてきますが、20℃を下回ったからと言ってすぐに暖房をつけなくてもOK!

赤ちゃんの温めすぎはよくないので、肌寒いと感じたら暖房器具を使う前に羽織るタイプのベストやスリーパーを着せて体温調節をしてあげるのがおすすめです。

もちろん、赤ちゃんが体調を崩していたり、肌を触ったら冷たく感じる時は暖房を使ってお部屋を暖めてあげるようにしてくださいね☆

*関連記事  赤ちゃんの秋冬の室温は何度が適温?過ごし方のポイントと便利なアイテム

赤ちゃんに安全な暖房器具とは?

赤ちゃんと暖房器具暖房器具というとエアコン・石油またはガスストーブ・ハロゲンヒーター・オイルヒーターなど色々ありますが、赤ちゃんのいる家庭にオススメな暖房器具はオイルヒーターです。

オイルヒーターは赤ちゃんが触れてもやけどをする心配もないですし、お部屋をじんわり温めてくれて秋~冬の乾燥を防いでくれます。石油ストーブは思わぬ事故につながりかねないので、なるべく使用を避けるようにしましょう。

point!

また、ホットカーペットやこたつも暖かくて便利ですが、赤ちゃんをホットカーペットに乗せたままにしておくと低温やけどや脱水症状を引き起こしてしまうことがあるので特に注意するようにしましょう☆

*関連記事  【秋】赤ちゃんと散歩に行くのにベストな時間帯は?おすすめの服装と持ち物

秋に赤ちゃんが快適に過ごせる室温と環境作りのポイント

秋の赤ちゃん温度差が激しい秋は、体温調節は未熟な赤ちゃんにとって、室温や湿度に特に気を付けたい時期ですよね。赤ちゃんが快適に過ごせる室温は、おおよそ22~23℃くらいと言われています。

秋になったからと言って、気温が30℃近くあって暑いのに、エアコンは赤ちゃんに良くないからと我慢するのではなく、冷暖房を上手に利用して赤ちゃんにとってもママにとっても快適で涼しい秋を過ごすことも大切です。

そして、秋が深まる頃は気温が15℃以下に下がる事もあるので、暖房を使って温かくしてあげましょう。

ここでは、秋の適切な室温と環境づくりのポイントについてお話します☆

秋の室温は22~23℃が最適!

体温調節が未熟な赤ちゃんは、秋になり涼しい日が増えても室温や湿度に特に気を配ってあげまあしょう。

秋にちょうどよい気温はおよそ22~23度、湿度は60%位といわれています。

出来るなら、温度計や湿度計を赤ちゃんのそばに置いておくのが理想的ですが、無い場合には、お母さんが快適と思われるくらいの気温にしておけば大丈夫です。

気温差には敏感に対応しましょう!

スリーパーを着ている赤ちゃん特に、秋は気温差が激しいのが特徴です。夕方になり急に気温が下がると、体温調節が未熟な赤ちゃんは風邪を引きやすくなるので、肌着を温かいものに変えたり、ベストや靴下を併用するなど、重ね着をして体温を調節してあげましょう。

もちろん、汗が冷えることにより、身体が冷えるので、秋でも汗をかいたら着替えさせてあげることも大切です。

暑いのか?寒いのか?わかりにくい秋には、さっと羽織るだけで体温調節ができるスリーパーがとても便利ですよ☆
スリーパーを来ている赤ちゃん
スリーパーはいつから使える?おすすめブランドと季節ごとの選び方赤ちゃんの寝冷え防止や体温調節にも有効なスリーパーは、布団を蹴ってしまう赤ちゃんを冷えから守るお助けアイテムです。 色々な素材や形...

エアコンはタイマーにしよう!

寝ている赤ちゃんとママ秋は深夜から明け方にかけての気温変化がとても大きいので、室温に注意が必要です。夜眠る時に蒸し暑い夜もあったりして、エアコンや扇風機を一晩つけっぱなしで寝ていることもあるのではないでしょうか?

しかし、秋は明け方はエアコンや扇風機の必要ない室温まで一気にさがります。この時間帯にエアコンや扇風機をつけていると逆に寝冷えの原因にもなることも…

このような場合には、タイマーで明け方には運転が停止するようにセットするようにするのが安心です。秋は気温差が激しいので夏より室温を敏感にチェックする必要がありますが、赤ちゃんが快適に過ごせるようにしましょう☆