冬の過ごし方

赤ちゃんの冬の部屋着は、暖かい室内なら肌着のみで過ごしてもいい?

赤ちゃんが生まれると室内環境には常に気を付けておきたいために、冬は赤ちゃんが過ごすお部屋の暖房をつけて部屋の暖かさを維持しているご家庭も多いと思います。

しかし、そこで気になるのが、部屋が暖かい場合の赤ちゃんの服装ですよね。

部屋が暖かいのならあまり厚着をさせる必要はありませんが、かといって肌着のみで過ごすのはどうなのでしょうか?

また、冬はどんな肌着と服装を赤ちゃんに選んであげたらいいのでしょうか?ここでは、冬でもベビーを肌気のみで過ごさせても大丈夫なのか?についてと、肌着と服装の選び方のポイントについて紹介します。

寒くないなら肌着のみでもOK

肌着姿の赤ちゃん冬でも赤ちゃんを肌着のみで過ごさせても良いかの基準は、何よりも赤ちゃんが快適に過ごせているかどうかということに尽きます。

室内に暖房がきいていて寒くないようなら、短肌着+コンビ肌着など肌着を何枚か重ね着して過ごすのも良いでしょう。

それでも冷えが気になるようなら、無理せずベビーウェアを着せてあげた方がよいですが、新生児期なら肌着の上から、おくるみやバスタオルで包んで暖をとるのもオススメです。

また、肌着の上にさっと羽織れるスリーパーがあれば体温調節もしやすく、お腹が出ないので寝冷えの心配もなく安心です☆

スリーパーは新生児から使えるベビーサイズ~子供用サイズまで幅広いサイズ展開があるので、冬だけでなく一年を通して大活躍してくれるアイテムなのでチェックしてみて下さいね!

スリーパーを来ている赤ちゃん
スリーパーはいつから使える?おすすめブランドと季節ごとの選び方赤ちゃんの寝冷え防止や体温調節にも有効なスリーパーは、布団を蹴ってしまう赤ちゃんを冷えから守るお助けアイテムです。 色々な素材や形...

肌着のみで過ごすメリット

肌着姿の赤ちゃん冬の寒い時期に、赤ちゃんに無理して肌着のみで過ごさせる必要もないのでは?そう感じる方も多いのではないでしょうか?

肌着のみで過ごすメリットは、すぐに着れなくなる新生児サイズのベビーウェアの枚数を抑えることが出来る点と、肌着なら洗濯をしても冬でも乾きやすいという点があります。

いつも部屋を暖かくしているから肌着だけで問題ないというのなら、用意するベビーウェアはお出掛け着だけ揃えておけばよいですし、むしろ肌着のみで過ごすことでオムツ変えも着替えも楽になりますよ!

大切なのは室内環境や新生児の赤ちゃんの体温を確認しながら、適切な服の枚数を見極めることです。

室内環境が整っているのなら、たとえ肌着のみだとしても何枚か重ね着することで、冷えを回避できますし、肌着のみで過ごしたからといって=風邪をひくというわけではありませんので、心配しないてくださいね!

冬の赤ちゃんの肌着の着せ方と選び方

肌着姿の赤ちゃん冬生まれの赤ちゃん(12・1・2月)は1年のうちで最も寒い真冬に新生児期を過ごすので、赤ちゃんが冷えて体調を崩さないように暖かい肌着とベビーウェアを選ぶことが大切です。

と言っても、暖房が効いて暖かいお部屋で過ごす場合は、赤ちゃんの肌着・ベビーウエアの着せ過ぎは禁物です。

赤ちゃんが暑くて汗をかいたまま放置しておくと、冷えたり汗疹の原因になってしまいまうので肌着をこまめに交換してあげましょう。ここでは、冬生まれの赤ちゃんの肌着の着せ方と選び方のポイントを紹介します。

肌着の着せ方

新生児の赤ちゃんの基本的な肌着の着せ方は、一番下に短肌着を着せて、その上に長肌着(またはコンビ肌着)を重ね着させた上にべビー服を着せます。

冬生まれの赤ちゃんが寒くて風邪をひかせたら可哀想だと心配になって、厚手の肌着を着せたくなってしまいますが、赤ちゃんの厚着と温めすぎはNGですよ!
冬の赤ちゃん
冬の赤ちゃんの服装・肌着の室内・外出時別の選び方のポイント冬になると外の気温がぐっと冷え込む日が増えますが、家の中では暖房を使ってお部屋を暖めるようになるので、赤ちゃんにどんな服装をさせたらいい...

赤ちゃんは大人より暑がりなので、寒い冬でも暖かい室内にいる冬生まれの赤ちゃんに厚手の肌着を着せてしまうと、暑くて汗をたくさんかいたり、ぐずってしまいます。

冬用の厚手で長袖タイプの肌着もたくさん販売されていますが、寒冷地以外はオールシーズン対応の肌着を準備しておき、寒いようなら買い足すようにしましょう☆

何を何枚準備する?

肌着姿の赤ちゃん冬の赤ちゃんの肌着の着せ方は、短肌着+長肌着の重ね着です。

長肌着は短肌着の丈が長いタイプのもので、オムツ替えが頻繁な新生児期には重宝しますが生後1ヶ月を過ぎて足がよく動くようになると扱いにくくなるので、最初から股下にボタンが付いているコンビ肌着で代用も可能。

冬生まれの赤ちゃんの短肌着の準備枚数の目安は4~6枚、長肌着は、コンビ肌着は4~6枚準備しておき、足りないものは後から買い足していくのがおすすめ!

秋冬用に長袖の短肌着・長肌着もありますが、寒い地域にお住まいの方以外は「寒い日用」として2枚程度準備しておけばOKです☆

赤ちゃんの冬の服装は何を着せる?着せ方と選び方

冬の赤ちゃんベビーの冬の服装選びは、どんなものを何枚着せてあげたらいいのでしょうか?赤ちゃんは体温調節が苦手なので、冬は暖かい服装をさせてあげることが大切ですが、気を付けたいのは厚着をさせすぎることです。

「風邪をひかせないように!」と、暖房が効いた暖かいお部屋で暖かい服装をさせすぎてしまうと、汗をたくさんかいて汗疹の原因にもなってしまいます。

赤ちゃんは新陳代謝がとても活発なので、冬でも汗をたくさんかくので1日に2~3回のお着替えが必要になってきます。

ベビーの冬の肌着の着せ方は、まず汗取りの役目をする短肌着を着せた上に、長肌着またはコンビ肌着を重ね着させてあげるのが着せ方の基本となります。

色々な種類の肌着がありますが、冬の新生児の赤ちゃんは暖かい服装をすることを考えて、肌着は吸湿性の高い綿100%のものを準備しておきましょう!

厚着のさせすぎはNG!

カバーオールを来ている赤ちゃん冬の赤ちゃんの服装と言えば、モコモコの着ぐるみのような可愛いウェアを着せたくなってしまいますが、月齢の小さなベビーにはまだモコモコのウェアは不向きです。

その理由は、赤ちゃんは授乳時以外はほとんど暖かいお布団の中で寝て過ごすので、暖かい服装+お布団をかけてしまうと暑すぎて汗をかいてしまいます。

赤ちゃんのお肌はとてもデリケートなので、冬でも汗がお肌に残ったままだとすぐに汗疹ができてしまうので、肌着の上には柔らかくて保温性の高い、コットン製のツーウェイオールを着せてあげるのがおすすめです。

室温を見ながら服装を調節しよう!

冬の赤ちゃん冬は赤ちゃんは寒くて可哀想だから・・・と、ついつい厚着をさせてしまいがちですが、過剰に温めすぎてしまうと汗疹の原因になるだけでなく、汗が冷えて逆に体を冷やしてしまう事にもつながります。

冬はほとんどのご家庭で暖房を使ってお部屋を暖めると思いますが、お部屋が暖かい時の服装は、肌着+ツーウェイオールが◎

少し寒いかな?と感じるような時には、ベストやスリーパーなどの羽織物を部屋着の上に着せて冬の寒さから守ってあげてくださいね☆

*関連記事  冬の赤ちゃんの首元・足元を寒さから守る!おすすめアイテムと使い方のコツ