梅雨~初夏の過ごし方

赤ちゃんの初夏の布団は何をかける?選び方のポイントと寝冷え対策

初夏になると一気に気温も上がるので、寝るときの赤ちゃんの布団もを何したらいいのか?迷ってしまいますよね。

春先は肌寒い日も多かったので厚手の布団の出番もありましたが、布団をかけても足で蹴飛ばしてしまうので、これからの初夏~夏の季節は通気性・吸湿性に優れた布団を準備してあげましょう。

また、初夏の夜は蒸し暑くて寝苦しい日もあれば、肌寒くて寝冷えが心配な日もあるので、暑さ対策・寝冷え対策も必要です。

ここでは、初夏の赤ちゃんにおすすめの布団と、暑さ・寝冷え対策のポイントを紹介します☆

初夏、赤ちゃんにどんな布団を掛ける?

寝ている赤ちゃん初夏は暑い日もあれば肌寒い日もあるので、その日の気温に応じてお布団の種類を変えたり、バスタオルを1枚追加したりして寝冷えを防ぐことが大切です。

もし赤ちゃんが寒くないか暑くないかと心配になったら、足が冷たくないか触ったり、首の後ろに指を入れて汗をかいて服が湿っていないかを確認しましょう。

足が冷たいようなら少し暖かめの布団をかけてあげたり、汗をかいているようなら着替えをして薄手のお布団をかけたりして臨機応変な対応を心がけたいですね!

初夏は赤ちゃんの布団選びが難しい時期ですが、快適に寝られることができる環境を作ってあげてください☆

吸湿性・通気性を重視!

赤ちゃんは初夏~夏にかけては寝ているときに大量の汗をかくので、汗対策として敷布団の上に防水シートを敷いてその上にシーツを敷いてあげます。

そして掛け布団は吸湿性・通気性に優れたタオルケットやガーゼケットがおすすめです。

タオルケット・ガーゼケットはコンパクトなベビーサイズのものを用意してあげると、初夏~夏にかけての赤ちゃんの寝る時のお布団として大活躍してくれますよ☆

寝苦しい夜はひんやりマットが◎

初夏と言っても蒸し暑くて寝苦しい夜は、お布団の上にひんやり冷たい冷感マットを敷いてあげることで赤ちゃんも快適に眠ることができます。

ここで注意して欲しいのは、赤ちゃんに大人用のジェルタイプのひんやりマットを使わない!ということです。

大人用のひんやりマットですと冷却力が強すぎて赤ちゃんの体には悪影響なので、赤ちゃんにはベビー用の優しい冷たさの冷感触マットを選ぶようにして下さいね!

初夏は赤ちゃんに布団をかけない方がいい?

寝ている赤ちゃん暑くて寝苦しい初夏の夜、赤ちゃんが布団の中で汗だくになっていて驚いた!というママも多いのではないでしょうか。

最近は初夏と言えど気温が30℃近くになり、エアコンを使うことがありますが、そんな時に赤ちゃんに布団をかけない方が会的なのか?それとも掛けた方がいいのかいいのかどうか?悩みますよね。

次に、初夏の赤ちゃんのお布団の掛け方と注意したいポイントを紹介します!

エアコンを使わない場合のお布団

初夏の暑い時は、エアコンをつけていない室内では赤ちゃんに布団はかけなくても大丈夫です。

気温が高い初夏の日に布団をかけていると、赤ちゃんは暑くて自分で布団を蹴ってしまいまうので、結局布団をかけない状態になります。

もし寝冷えが心配なら、汗を吸い取ってくれるベストタイプの夏用のスリーパーを着せてあげるのがおすすめです☆

エアコンを使う場合の注意点

エアコンのついている室内では、赤ちゃんに布団をかけないとお腹が冷えてしまうことがあるので、布団をかけてあげてください。

部屋の涼しさに応じて夏用の布団やタオルケットなど薄手の布団でかまわないので、お腹にお布団をかけるようにしましょう。

初夏の暑い時期はエアコンをつける機会が多いですが、赤ちゃんが寝ている時は、消すか温度を上げて布団をかけないで寝かせてあげる方が快適に寝てくれることも。

赤ちゃんは体温調節がまだうまくできないので、大人が布団の調節をしながら体調管理をしっかりしてあげてくださいね!

スリーパーで冷えから守って朝までグッスリ☆

初夏の時期は寝る時には蒸し暑く感じても、朝方気温が下がってひんやりする日もまだ多いですよね。

赤ちゃんに寝冷えをさせないように気をつけていても、気づいたら朝方お布団を蹴飛ばして何もかけていなくてビックリ!なんてことも。

そんな時は、パジャマの上から着せるベストタイプのスリーパーを着せて寝かせてあげると、お腹を冷えから守ってくれるので、万が一お布団を蹴飛ばしてしまっても安心です。

スリーパーは初夏~夏だけでなく、一年中使えるので、1枚持っているととても便利ですよ!

初夏、寝るときの服装と寝冷え対策

お布団に横になっている赤ちゃん初夏になると昼だけでなく夜も暑くなってくるので、だんだん寝苦しくなってきますよね。

この季節になると布団を蹴飛ばしたり、布団から這い出たりして寝てしまう赤ちゃんも多いので、寝るときの服装は何を着せたらいいのか?悩んでしまいますよね。

そこで、初夏に赤ちゃんが快適に寝るときの服装の選び方とおすすめアイテムを紹介します。

寝冷えをしないように要注意!

例えば、寝るときの大人の服装が半袖・半ズボンで寝ていて暑いと感じるぐらいならば、赤ちゃんも大人と同じように半袖、半ズボンの涼しい服装でいいでしょう。

赤ちゃんは暑がりで汗をよくかくので大人よりも薄めの服装でもいいぐらいですが、少し肌寒い時はズボンだけ長ズボンにして上は半袖という服装でもOK!

寝るときに赤ちゃんに厚着をさせると寝苦しくなるので、風邪をひかない程度に薄めの服装をさせてあげるのが最適です。

タオルケットなどをかけても、り飛ばしてしまうこともあるので、寝るときは初夏~夏用のスリーパーを着せてあげると寝冷え防止ができておすすめです☆

お腹が出ない服装選びがポイント!

初夏の蒸し暑い夜は大人もなかなか寝付けず、寝苦しい夜になりますが、それは赤ちゃんも同じです。

赤ちゃんが寝るときに気を付けるポイントは、スリーパーや半袖のロンパーや、上下をつなぐことができる服装お腹が出ないようにしてあげることです。

寝るときは暑くても夜中~明け方になると気温も下がり寒いと感じることもあるので、寝冷えをして風邪をひかさないように十分注意しましょう。

赤ちゃんが快適に寝ることができるように、初夏の寝るときの服装選びも気を配ってあげてくださいね!

まとめ

寝ている新生児の赤ちゃん初夏~夏の時期に赤ちゃんが寝る時に使うお布団は、大人以上にたくさんの汗をかく赤ちゃんのためには、吸湿性が高くて汗をよく吸い取ってくれるものを選ぶことが大切です。

赤ちゃん用サイズのタオルケットやガーゼケットを赤ちゃんのお腹の上にかけておくだけで、汗をかかずに快適に眠れますよ。

また、気温が高い初夏の夜は、寝る時に暑くて布団をかけなくても朝方冷えてくることがあるので、赤ちゃんが汗をかきすぎて体が冷えていないかを確認しながら、布団を選んでくださいね。

赤ちゃんが初夏に快適に過ごすためにも、エアコンやスリーパーを上手に使いながら布団を選んで温度調節をしましょう!

*関連記事  初夏の赤ちゃんの服装と肌着の選び方|初夏も靴下を履かせるべき?