肌着と服装

スリーパーはいつから使える?おすすめブランドと季節ごとの選び方

赤ちゃんの寝冷え防止や体温調節にも有効なスリーパーは、布団を蹴ってしまう赤ちゃんを冷えから守るお助けアイテムです。

色々な素材や形状、可愛いのものが販売されていて「いつから使えるんだろう?」「おすすめブランドはどこだろう?」と気になっているママも多いのではないでしょうか?

スリーパーには色々なサイズがありますが、大きめの作りのフリーサイズのものが多く、生まれたばかりの赤ちゃんには大きすぎるものがほとんどなのでサイズを確認して着せてあげることが大切です。

また、スリーパーには季節に合った様々な素材で作られたものが販売されているので、どれを選んだらいいのか?迷ってしまいますよね。

ここでは、スリーパーはいつから使えるのか?の疑問についてと、季節ごとの着せ方・選び方のポイントについてお話しします。

スリーパーはいつから使える?

スリーパーを来ている赤ちゃん赤ちゃんにスリーパーをいつから着せていいのか?ということに関しては、はっきり「いつから」という決まりはありません。

一般的な赤ちゃん用のスリーパーはフリーサイズのものが多く、だいたい70cmくらいの大きさでできています。

寝る時にベビー服の上に着せる物なので、ゆったりサイズに作られていますが、新生児の赤ちゃんにはブカブカすぎて着せるのも可哀想な感じになってしまいます。

このことからも、赤ちゃんにスリーパーを着せるのは少し体が大きくなった生後3ヶ月頃~がベストです。

新生児の使用は避けましょう。

新生児の赤ちゃんはとても小さいので、スリーパーで顔か埋もれてしまう場合があり危険ですので、使うのは避けるようにしましょう。

赤ちゃんが布団を蹴って寝冷えの心配が出てくるのは、早くても生後一か月頃からなので、いつからスリーパーを使うか考量して、季節や必要に応じて準備するのがおすすめです。

また、スリーパーを選ぶ時はいつから使うかだけでなく、着脱のしやすさや軽さ、素材選びも、考えて選ぶのが◎

使い方に合わせて便利なスリーパーを選べば、寝る時も赤ちゃんのお腹を気にすることなく、快適に過ごすことが出来ますよ☆

色々なスリーパーの種類と選び方

スリーパーを着ている赤ちゃんスリーパーにはさまざまな種類があり、用途や好みによって異なりますが、スリーパーを選ぶ上で素材や形状などは、とても重要なチェック項目です。

夏の暑い時期に使いなら、通気性の良いガーゼタイプが最適ですし、逆に冬の寒い季節には、フリースやダウンなどといった暖かいものが適しています。

ベストタイプは、袖ありやロングタイプに比べて防寒能力は落ちますが、暑い時期にも寝冷え対策に使えるなど、1年を通して使えるメリットがあります。

また、サイズも色々あるので、いつから赤ちゃんにスリーパーを着せたいかを考慮して選ぶようにしましょう☆
スリーパーを着ている赤ちゃん
スリーパーで寝返りする赤ちゃんの寝冷えも安心!選び方と手作り方法赤ちゃんは寝返りが上手にできるようになると、布団を蹴ってとんでもないところに転がって寝ていたりすることもありますよね。 寝ている時...

秋冬用のスリーパーの着せ方と選び方

スリーパーを着ている赤ちゃん赤ちゃんは寝ているときに寝返りをしたり、動き回っているので上下が逆に寝ていたり、お布団をかけずに寝てしまうこともたくさんありますよね。

スリーパーは着る毛布のようなアイテムでどんなに動いてもお腹が出ることがないので、秋冬は特に重宝しますよ。

次に、赤ちゃんを秋冬の寒さから守る!スリーパーの着せ方と選び方を詳しく紹介します☆

冷えを防いで寒さから守る!

秋冬は気温が下がるので、赤ちゃんの風邪対策としても暖かい服装をさせて寝かせるご家庭が多いですよね。

でも、体温調節が苦手な赤ちゃんは厚着をさせると暑くなってしまい、夜中に布団を蹴り気付いたら布団から出た状態で寝ていて風邪をひかせてしまうことも…。

また、秋冬は寒くてなかなか寝てくれないという赤ちゃんもいますよね。こんな時にスリーパーがあれば、どちらの悩みも解決してくれます。

秋冬に赤ちゃんにおすすめのスリーパーは通気性と保温力に優れたニット素材スリーパーや、ガーゼ素材のスリーパーです。ガーゼ素材のスリーパーなら秋冬はもちろん、春夏も使えるので重宝しますよ☆
...

秋冬生まれの赤ちゃんも使える!

新生児の赤ちゃんスリーパーは秋冬生まれの新生児の赤ちゃんも使うことができます。

と言っても、スリーパーはフリーサイズのものが多く、だいたい70センチくらいのサイズで作られているので、生後3ヶ月頃から着させてあげるのがおすすめです。

スリーパーを赤ちゃんに着せて寝かせる時に注意しなければいけないことは、着せすぎないように注意するということです。

秋冬用のスリーパーは保温性が高く、肌着やパジャマなど厚手の服装の上にスリーパーを着せると、汗をかいてしまいます。

その日の気温や季節に合わせて服を調節したり、スリーパーを変えるなどすると快適に過ごすことができますよ☆

春夏用のスリーパーの選び方のポイント

スリーパーを着て寝ている赤ちゃん春夏はまだ寒かったり、でも暑かったりと大人でも体調をキープさせるのが難しかったりしますが、それは赤ちゃんも同じです。

赤ちゃんに寝冷えをさせたくないけど、寝汗をかかせたくない!という方には春夏用のスリーパーおすすめです。

スリーパーは冬だけでなく、暖かくなった春夏も赤ちゃんの寝冷えを防いでくれるアイテムとして大人気ですよ。

ここでは、おすすめの春夏用のスリーパーと選び方のポイントを紹介します☆

メッシュ素材が◎

春夏におすすめのスリーパーは、背中がメッシュになっているタイプで、夏でも快適に使うことができるのが特徴です。

「快適2wayおねんねスリーパー」はシリーズ累計20000着突破している人気のおすすめブランドの商品で、生まれてからすぐ~3歳頃までと長く使うことができますよ。

赤ちゃんが寝返りをしてもお腹がはだけることがありませんし、股の部分は体の成長に合わせて使える2WAYタイプになっているので、ボタンをとめてロンパース風、大きくなったらベストにできます。

タオル地バージョンとガーゼ地バージョンがあるので、お好きな方をチョイスすることができます。

春夏用のスリーパーを選ぶ時のポイントは、は通気性だけでなく汗を素早く吸収する吸湿性に優れた物を選びましょう☆
スリーパーを着ている赤ちゃん
赤ちゃんの夏用のスリーパーは必要?いらない?選び方のポイント暑い季節は薄着で過ごす赤ちゃんかほとんどで、こんな暑い季節にスリーパーは必要ないのではないか?それとも着せておいた方がいいのか?と悩んで...

ガーゼ素材なら一年中使えて便利!

スリーパーを着ている赤ちゃん赤ちゃんは体温調節が苦手なので春夏の温かい気候の時は、寝るときに暑くて布団を蹴ってお腹が出てしまって寝冷えをすることがよくあるります。

そういうときにスリーパーが役立ちますが、モコモコの冬用のスリーパーを着せるのは可哀想なのでやめてくださいね。

もし、これから赤ちゃんにスリーパーを購入する場合は、春夏用・秋冬用の両方の機能を兼ね備えたガーゼ素材のスリーパーがおすすめです!

一年中使えるので、春夏用・秋冬用と分けなくてもいいのでコスパも高く人気です☆

まとめと注意点

スリーパーを着ている赤ちゃんいかがでしたか?スリーパーがいつから使えるのか?と、季節ごとの選び方のポイントとおすすめブランドについて紹介してきました。

スリーパーは今定番のアイテムとなりつつあり、色々なタイプの物が販売されているので「いつから使えるか」は商品表示を必ず確認するようにしましょう。

体温調節が苦手な赤ちゃんにスリーパーを着せると寝汗をかいてしまうのでは?と心配になる方もいますが、メッシュ生地になっていたり通気性にこだわった物が多く、背中に汗をかきにくいので安心です!

また、スリーパーとは、新生児の赤ちゃんから使うことができて便利なアイテムですが、スリーパーの下に着せる服はたくさん着せないようにすることが大切です。

赤ちゃんにスリーパーを着せて寝かせてみて、汗をたくさんかいたり布団を蹴ってしまうようなら、ベビー服とお布団を薄手のものに変えて様子を見てみましょう。

季節に合わせて色々な素材で作られているスリーパーがあるので、春夏用・秋冬用と使い分けるのもおすすめですよ☆
*関連記事  スリーパーで寝返りする赤ちゃんの寝冷えも安心!選び方と手作り方法