春の過ごし方

赤ちゃんの春服におすすめ!セパレートタイプの服の選び方のポイント

赤ちゃんの春服には色々な種類がありますが、生後6ヶ月頃(70サイズ)~は、セパレートタイプの洋服がおすすめです。

セパレートタイプの洋服とは、上下が分かれた洋服のことを指します。今まで上下がつながったカバーオールを着ていた赤ちゃんは、春服にセパレートデビューをしてみましょう☆

ここでは、赤ちゃんに春服におすすめのセパレートタイプの洋服を紹介します☆

赤ちゃんの春服におすすめのセパレート

6ヶ月の赤ちゃん上下が分かれたセパレートタイプの洋服のサイズ展開は70サイズ~がほとんどです。

冬はお腹を冷やしたらかわいそうだから、とカバーオールを着せていた赤ちゃんは、春服にセパレートの洋服を着せてみましょう!

カットソーは頭かぶりのものもありますが、70~90サイズの赤ちゃんは肩にボタンがついているタイプが着せやすくておすすめです。

パンツは、モンキーパンツ・サルエルパンツ・レギンスパンツなど可愛いものがたくさんありますが、赤ちゃんが裾を踏んで転倒しないように裾丈には十分注意してください。

セパレートタイプの上下がセットになったセットアップは、コーディネートしやすいのでおすすめです☆

赤ちゃんの春服の選び方

春は肌寒い日もあれば、汗ばむ日もあるので赤ちゃんの春服選びは慎重になってしまいますよね。

赤ちゃんは暑がりでもありますが冷えると体調を崩してしまいやすいので、春服にアウターを重ねる服装がおすすめです。

アウターのおすすめはさっと羽織れて便利なカーディガン。暑かったら脱がせて、寒そうならレッグウォーマーやブランケットで温めて赤ちゃんの体温調節をしてあげましょう☆

生後10ヶ月の赤ちゃん
赤ちゃんの春服はいつから着せる?目安の気温と選び方のポイント暦の上では春になり、お店ではパステルカラーやマリン柄などの可愛らしい春物のベビー服がたくさん販売されるようになってくると、早く赤ちゃんに...

汗をかいたらこまめな着替えが◎

赤ちゃんは大人よりも体温が高く汗をたくさんかくので、春の暖かい日にセパレートタイプの春服を着せていると、気づいたら汗だく!なんてことも。。。

そんな時は、すぐに肌着と洋服を着替えさせてあげましょう!

新生時期には汗疹の心配をしていたけど、少し大きくなったからもう大丈夫!と思いがちですが、1歳未満の赤ちゃんのお肌はまだまだデリケートなので、こまめな着替えを心がけて汗疹を防ぐようにしてあげてくださいね!

【春夏】赤ちゃんのためのロンパースの着せ方と選び方

生後9ヶ月の赤ちゃんロンパースは服のようなものなので、季節に合わせたものを着せることができ、袖の長さ、素材、デザインなど様々で選ぶのも楽しいですよね!

春夏の暖かい時期は、セパレートタイプの服装でなくても、赤ちゃんはロンパース一枚で過ごさせても快適に過ごせるので大丈夫です。

ロンパースは下が一体になっているので、お腹が出ることがないので安心ですし、セパレートタイプのインナーとしてもきせることができます。

次に、春夏のロンパースの着せ方と選び方のポイントを紹介します☆

春夏におすすめのロンパース

春におススメのロンパースは、一枚で着せるなら薄い素材の長袖のロンパースです。

まだ肌寒いことも多い春は、ロンパースの下には肌着(コンビ肌着・ボディ肌着)を着せるようにしてくださいね!

夏におススメのロンパースは、夏素材の半袖がおススメです。

新生児の赤ちゃんでなければ、肌着を着せなくてもロンパース一枚でもOKですが、肌着を着ない場合には、吸湿性の高い素材のロンパースを着せるようにしましょう☆

ロンパースの素材の選び方

ロンパースの中にはゴワゴワする素材のもの物あるので、綿100%のものや肌に優しい素材のものを選ぶようにしましょう。

春夏のお出かけの時には、吸湿性の高い素材のロンパースを着せて、紫外線対策もしっかり行いたいものです。

紫外線の量は春夏は特に多いので、ロンパースの上に着せる紫外線カットの羽織ものやブランケットを合ようにしてくださいね。
*関連記事  赤ちゃんに春の服装・肌着は何を着せる?選び方と着せ方のポイント