バウンサー

バウンサーは効果なし?寝ないって本当?ママも助かる使い方のコツ

赤ちゃんのためのバウンサーを購入しようと考えた時に、どんな使い方をすると、どんな効果があるのか?本当に必要なのか?悩んでしまいますよね。

赤ちゃんのための育児用品は様々ありますが、バウンサーは「購入して良かった!」という意見もあれば、「必要なかった」という意見もあります。

新生児の赤ちゃんのために絶対に必要なアイテムではないからこそ、購入すべきか迷ってしまいますが、そんな時はバウンサーがもたらしてくれる効果をチェックしてみましょう。

今回は、バウンサーの効果と使い方のポイントについて詳しく紹介します。

バウンサーの効果はどんなものがある?

バウンサーに乗っている赤ちゃん赤ちゃんにバウンサーを使うことでもたらされる効果として一番大きなメリットは、優しく心地よい揺れで赤ちゃんが泣き止んだり、眠ったりしてくれることです。

新生児の赤ちゃんはママのお腹の中から外に出たばかりで環境の変化に戸惑い、なかなか寝てくれずママを困らせてしまいます。

そんな時に、バウンサーに乗せてゆらゆら揺らしてあげることで、まるでママのお腹の中にいた頃のような揺れを体感でき、ぐっすり眠ってくれる効果があるのです。

また、新生児の赤ちゃんはママに抱かれていないと不安感から泣き出してしまう子が多く、ママは赤ちゃんを抱っこしてばかりで家事がはかどらない…。という悩みも出てきます。

そんな時に、バウンサーがあれば心地よい揺れで赤ちゃんもご機嫌になり、少しの間赤ちゃんから手を離すことができるという効果もあるので、ママも助かるアイテムなんですよ。

成長すると自分でバウンサーを揺らして遊べるように!

次に挙げるバウンサーの効果は、赤ちゃんが成長して腰がすわるくらいの時期になると、自分でバウンサーを揺らしてご機嫌で遊んでくれるようになります。

自分が動くことによってバウンサーが揺れる、といことを認識できるようになると、赤ちゃんはご満悦でバウンサーを揺らして遊んでくれるようになり、成長を感じられるようになりますよ。

バウンサーには安全ベルトが付いているので、ベルトを正しく装着していれば落下の危険性もなく安心です。

ママはバウンサーで遊んでいる赤ちゃんを視野に入れながら、より多くの家事をこなせるという効果がありますよ。

このように、バウンサーはただ赤ちゃんを乗せておくだけのものでなく、使い方によっては赤ちゃんにもママにも嬉しい効果が得られるベビーグッズです。

赤ちゃんはバウンサーでよく寝るって本当?

バウンサーに乗っている赤ちゃん新生児の赤ちゃんの寝かしつけに苦戦していると、バウンサーを勧められたり、購入を検討しているというご家庭もあると思います。

でも、本当にバウンサーに乗せて揺らすだけで赤ちゃんは寝てくれるの?と疑問に感じてしまいますよね。

一般的に多くの赤ちゃんはバウンサーに乗せてゆらゆら揺らしてあげると寝てくれるので、バウンサーの商品説明にも「心地よい揺れで赤ちゃんグッスリ☆」などと書かれているものが多くあります。

しかし、赤ちゃんによってはバウンサーに乗せられると、ママに抱っこしてもらえない!とわかるのか?全力でバウンサーに乗るのを拒否して泣いてしまう子もいるのも事実です。

次に、バウンサーを使った赤ちゃんの寝かしつけ方法について紹介します。

赤ちゃんにとって落ち着ける揺れを見つけよう!

バウンサーにはリクライニングがついているものや、独自の揺れ方の設計がされているものがあります。

ママの手でフレームを優しく揺らすことで、赤ちゃんにとって心地よい揺れが再現できるようになっています。

とは言え、赤ちゃんによっては「ゆっくりとした揺れ」が好きで、寝かしつけにやゆっくり揺らしてあげるのがいいという子もいれば、「強めの揺れ」が好きな子もいます。

実際にバウンサーに赤ちゃんを座らせてみて、どんな揺らし方をすると落ち着いて眠ってくれるのか?を観察してみましょう。

そして、赤ちゃんに合った揺らし方を見つけてあげると寝かしつけも楽にできるようになりますよ!

バウンサーに乗っている赤ちゃん
バウンサーで寝るのはダメ?長時間寝かせることでどんな影響がある?「バウンサーは新生児から使えて、心地よい揺れで赤ちゃんがよく寝るので、ママはとても助かるアイテム!」と言われていますよね。 でも、...

背中スイッチで起きることがなくなる!?

赤ちゃんを抱っこしてユラユラさせて、時間をかけてやっと寝てくれた!と思ってお布団におろした途端に背中スイッチが作動して目を覚ましてしまう…。

これは、育児のあるあるで経験したことがあるママも多いと思います。

そんな時は、バウンサーにおくるみやバスタオルを敷いて赤ちゃんを乗せ、揺らして寝かしつけをした後におくるみやバスタオルごとお布団におろしてみましょう。

すると、背中スイッチが作動せずに、そのまま寝てくれるという効果もあるんですよ。

特に低月例の赤ちゃんの寝かしつけに効果があるバウンサーは、必ず必要な育児アイテムではないものの、使い方によってはあると便利なアイテムですよ☆

人気のある赤ちゃんバウンザーは?

バウンサーに乗っている赤ちゃん赤ちゃんのためにバウンサーを選ぶ時は、使い勝手がいいのはもちろん、人気があるものを選びたいですよね!

バウンサーを選ぶ時のポイントは、ネットショップの口コミをチェックすることです。

実際にバウンサーを使用した人の感想が書かれているので、使用感はどうなのか?どのような使い方ができるのか?を口コミを見る事で確認することができます。

そこで、楽天市場のバウンサーの口コミ人気ランキングで評価が高いバウンサーをピックアップして紹介するので参考にしてみてくださいね!

ベビービョルン ベビーシッター

まず、世界的に人気の高いベビービョルンのバウンサーを紹介します。

ベビービョルンのバウンサーが口コミでも評価が高い理由は、使用されているメッシュ素材にあります。

特別なメッシュ素材で作られたバウンサーは、赤ちゃんが長い間乗っていても熱気を逃がし蒸れにくくなっているのが大きな特徴です。

赤ちゃんは体温が高いですし、特に春~夏の気温が高い時期はバウンサーに座っていると背中やお尻に熱がこもって汗をかきやすくなってしまい、汗疹の原因になってしまうことも。

でも、ベビービョルンのメッシュ素材で作られたバウンサーなら、バウンサーの上で快適にお昼寝をすることもできますよ!
ベビービョルン ベビーシッター バランス メッシュ(エアー)

インファント・トドラーロッカー

可愛いポップなイラストが特徴的なフィッシャープライスのバウンサーが口コミでも人気が高い理由は、3wayタイプになっているので、ねんね期~3歳ころまで長く使用することができることです。

リクライニング機能がついているので、新生児期は首に負担がかからないように斜度を低くして使用し、首が座ったら斜度を上げることで自分のでバウンサーを揺らせるようになります。

そして、大きくなったらロッキングチェアとして使えるので、通常のバウンサーより長く使えてよかった!という口コミが多く寄せられています。

取り外しのできるおもちゃもついているので、赤ちゃんの視覚を刺激することもできる、おすすめのバウンサーですよ☆
...

まとめ

バウンサーに乗っている赤ちゃんいかがでしたか?バウンサーの効果と使い方のポイントについて紹介してきましたが、参考になりましたでしょうか?

バウンサーは単に赤ちゃんを座らせておくだけのものではなく、ゆらゆら揺らしてあげることで心地よい眠りに誘ってくれる効果もあります。

特になかなか寝てくれない新生児の赤ちゃんのねかしつけには大きな効果を発揮してくれますよ!

また、バウンサーは新生児から使えるタイプのものが多くありますが、使用期限はメーカーによって様々です。

1歳頃までしか使えないタイプ、ロッキングチェアとして3歳頃まで使えるものなど様々なタイプがあるので、バウンサーを選ぶ時は「いつまで使えるのか?」を確認するようにしましょう。

赤ちゃんをバウンサーに乗せておくと心地よい揺れでご機嫌になったり、よく眠ってくれますが、長時間の使用は避け、赤ちゃんから目を離さないように安全に使用してくださいね!
*関連記事  バウンサーは発達が遅れる、寝返りも遅くなるから必要ないって本当?