肌着と服装

コンビ肌着は半袖と長袖のどっちがいい?着せ方と選び方のポイント

新生児の赤ちゃんは短肌着の上にコンビ肌着を着る機会が多く、毎日コンビ肌着を着せているママも多いアイテムです。

コンビ肌着には半袖と長袖のものがあるのですが、どちらを選んだらいいのか?サイズアウトしたら何を着せたらいいのか?迷っているママもいるのではないでしょうか。

また、可愛いデザインのコンビ肌着は一枚で着たり、外出の時の服装として着てもいいのか?わからないことがありますよね。

ここでは、コンビ肌着の選び方のポイントと上手な着せ方を紹介します☆

コンビ肌着は半袖?それとも長袖がいい?

1ヶ月の赤ちゃん新生児の赤ちゃんにコンビ肌着を着せる時は、短肌着の上に重ねて着せるので、基本的に半袖のものを準備しておけばOKです。

ただし、真冬の寒い時期やお住まいの地域が寒冷地の場合は、長袖のコンビ肌着を着せてあげるようにしましょう。

また、夏の暑い時期なら新生児の赤ちゃんも半袖のコンビ肌着+オムツで涼しく快適に過ごさせてあげることができますよ。

コンビ肌着も長く着られる肌着ではないので、半袖のものを準備しておき、必要性に応じて長袖を買い足すようにするのが経済的です。

コンビ肌着はいつから着せていい?

新生児の赤ちゃん用の肌着には、短肌着と長肌着・コンビ肌着があります。

基本的に短肌着の上に長肌着かコンビ肌着を重ねて着せるのですが、お腹がきちんとと隠れる肌着が良いという方は新生児の頃から半袖のコンビ肌着を着せましょう。

コンビ肌着と見た目がほとんど同じ長肌着は股下にボタンがないので、コンビ肌着よりお腹が出やすいのが難点です。

基本的に半袖の短肌着+コンビ肌着の組み合わせで新生児期を過ごし、季節や環境に応じて長袖を用意するようにするのがおすすめの着せ方ですよ。

コンビ肌着の50cmはいつまで着られる?

肌着姿の赤ちゃん赤ちゃんが生まれる前に出産準備として、ほとんどのママが新生児用の50センチのコンビ肌着を準備しておくと思います。

でも、一番小さな新生児用の50センチはいつまで着られるのでしょうか?また、もっと大き目のサイズを準備しておいた方がいいのでしょうか?

平均的な赤ちゃんの出生時の慎重は50cmなので、コンビ肌着の50cmがまさにジャストサイズです。

50cmのサイズがいつまで着られるのか?というと、個人差もありますが生後1ヶ月前後までになります。

コンビ肌着を着ている赤ちゃん
赤ちゃんのコンビ肌着とは?いつまで着せて、次は何を着せる?赤ちゃんのコンビ肌着とは、短肌着と比べて着丈が長くて股の部分をスナップボタンで留めることができる肌着のことです。 新生児期~腰が据...

長く着せたい場合は50-60サイズが◎

新生児の赤ちゃんの成長スピードは驚くほど速いので、生まれたばかりに50cmのコンビ肌着がピッタリでも、あっという間に窮屈そうな感じになってしまいます。

コンビ肌着には50cm以外にも、50-60cmの2つのサイズにまたがったタイプもあるので、長く着せたい時におすすめですよ。

コンビ肌着自体がいつまで着られるのか?と言うと、サイズ展開が50-60cmがメインなので、生後3ヶ月前後までとなります。

コンビ肌着はいつまでも着せてあげられる肌着ではないので、たくさん準備しておいてもすぐに着られなくなってしまうので、出産前に準備する時は最低限4~6枚程度用意しておくのが◎

そして、必要に応じて買い足したり違う肌着を買い替えたりして、赤ちゃんの成長に合わせて肌着を選びましょう☆

赤ちゃんをコンビ肌着だけで過ごさせても平気?

肌着姿の赤ちゃん新生児の赤ちゃんに着せる肌着の種類は、短肌着とコンビ肌着があります。短肌着は腰丈の肌着で汗取りの役目があるのは分かっていても、はだけたり丸まったりして扱いにくい・・・

そんな時は、時期によってはコンビ肌着のみで過ごさせても大丈夫ですよ!

赤ちゃんの毎日に大活躍のコンビ肌着ですが、コンビ肌着は短肌着と違って肌着っぽくない可愛いデザインのものも多くなっています。

また、股の部分をスナップボタンでとめることができるので、服のようなルックスにはなるので、コンビ肌着だけで外出しても大丈夫かな?と思うこともありますよね。

しかし、外出となると話は別でコンビ肌着+カバーオールというコーデが無難ですよ。

生後3ヶ月の赤ちゃん
コンビ肌着で外出してもいい?赤ちゃんのお出かけ用の服装の選び方赤ちゃんのコンビ肌着は可愛いものも多く、そのまま外出しても大丈夫なような気もしますが、実際の所どうなのか?気になっているママも多いのでは...

季節によっては室内なら肌着一枚でOK!

新生児の赤ちゃんの肌着の着せ方は、短肌着の上に長肌着、またはコンビ肌着を重ねて着せてあげるのが基本です。

でも、短肌着が扱いにくかったり、赤ちゃんが暑そうで汗をたくさんかいてしまうような場合にはコンビ肌着のみでOK!

ただし、新生児の赤ちゃんは体温調節機能が未熟なので、コンビ肌着のみでもいいのは春~夏の暑い季節の室内限定です。

また、赤ちゃんをコンビ肌着のみで過ごさせるときには、赤ちゃんが冷えていないか?必ずこまめにチェックをしましょう。

少しでも体が冷えていたら、短肌着を着せる、またはツーウェイオールなどを上に着せて温めてあげてくださいね!

コンビ肌着はあくまで「肌着」

自宅で過ごす場合にはコンビ肌着+オムツでも問題ありませんが、可愛いデザインが多くてもコンビ肌着はあくまで肌着です。

絶対にコンビ肌着で外出してはいけない!という決まりはありませんが、常識的に考えるとやはりカバーオールなどのベビー服を上に着せてあげたいものですね。

コンビ肌着を卒業するとボディスーツに移行しますが、ボディスーツはウェアとして着れるものが多いので、外出もOKです。

もし、涼しそうなコンビ肌着で外出させたい場合には、ボディスーツ(ボディ肌着)を着せてあげるようにしましょう☆

コンビ肌着がきつくなったら何を着せる?

肌着姿の赤ちゃん赤ちゃんの成長によりますが、70cmが着られるようになるのは平均的に生後4~6ヶ月頃なのですぐにサイズアウトしてしまいますが、次は何を着せたらいいのでしょうか?

コンビ肌着の70センチがサイズアウトしたら、次はコンビ肌着より着せやすくて、ベビーウェアとしても使える便利なボディ肌着(ボディスーツ)を着せてあげましょう。

また、コンビ肌着よりボディ肌着の方が着せやすく扱いやすいので、サイズアウトする前からボディ肌着を着せているご家庭もあるので、臨機応変に選んでOKです。

前開きタイプとかぶりタイプ

ボディ肌着には、新生児期から使える前開きタイプと、首がすわってから使えるかぶりタイプの2種類があります。

60~90cmの豊富なサイズ展開になっていて、デザインも豊富なので可愛く着せてあげてくださいね☆

コンビ肌着はいつからいつまで、ボディ肌着はいつからOK!など決まりはないので、ママが着せやすく扱いやすい肌着を選んで下さいね。

まとめ

肌着姿の赤ちゃんいかがでしたか?コンビ肌着は半袖と長袖のものがありますが、基本的に半袖のものを準備しておけば大丈夫ですよ。

コンビ肌着は涼しいですし、お腹も出ないので新生児期に重宝する肌着の一つです。

デザインが可愛かったりするので、ウェア感覚でそのまま外出したい気持ちもわかりますが、そこは我慢しましょうね。

赤ちゃんの外出用の服は見た目の問題だけではなく、機能的なこともあります。

例えば夏は紫外線や虫のトラブルもあるので、肌着+カバーオールでしっかり肌をガードしてくれる役割もあるのです。

季節に合わせたコンビ肌着の着せ方をして、赤ちゃんを快適に過ごさせてあげてくださいね!
*関連記事  カバーオールとロンパースの違いは何?季節に合わせた着せ方と選び方