春生まれ(3月、4月、5月)

4月・5月生まれ│赤ちゃんが退院する時の服装は何を着せたらいい?

4月・5月生まれの赤ちゃんの退院時の服装は、何を着せよう!?と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

退院時の服装は、短肌着+コンビ肌着+ツーウェイオールを着せてあげてからおくるみ(アフガン)で包んであげるのがおすすめです。

退院時の服装=セレモニードレスと思いがちですが、セレモニードレスは退院の時とお宮参りの時しか着る機会がないので、わざわざ買い足すのはもったいないという先輩ママの意見が多くあります。

退院時には、普段も使えるツーウェイオールやカバーオールを着せている方がほとんどですよ!

ここでは、4月・5月生まれの赤ちゃんにおすすめの退院時の服装を紹介します☆

4月・5月生まれの赤ちゃんの退院時には何を着せる?

新生児の赤ちゃん4月・5月に生まれたばかりの赤ちゃんがはじめて病院から外に出る退院時は、特別な服装をさせてあげたい!と思うママもいるかもしれませんね。

でも、実際退院する時はおくるみで包んで抱っこしてしまうので、服装にはあまり気を遣わなくても大丈夫なんですよ。

赤ちゃんが退院する時のために豪華なセレモニードレスをわざわざ買ったのに、病院からさっと出てすぐに帰っただけだったから勿体なかった…。んな先輩ママの意見も多くあります。

退院時には、4月・5月生まれの赤ちゃんピッタリの、春らしくて可愛いツーウェイオールを退院時に着せておくるみで包んであげるのがおすすめです☆

新生児の赤ちゃん
春生まれ 退院時の服装は赤ちゃんに何を着せる?おくるみは必要?出産が近づき色々な準備をしていると、春生まれの赤ちゃんが産院から退院するときはどんな服装にしたらいいんだろう?と気になってきますよね。 ...

4月・5月生まれの赤ちゃんにおくるみは必要?

寒い時期に生まれてくる赤ちゃんには、寒さから守るためにもおくるみは必要なイメージがあるものの、4月・5月生まれの赤ちゃんにも必要なのかな?と疑問に感じてしまいますよね。

赤ちゃんのために準備するものは色々あるので、おくるみが必要ないのから準備しておかなくてもいいかな、と思うのも当然のことですよね。

おくるみは赤ちゃんを包んで退院時に外気との気温差から守るだけでなく、退院後はなかなか寝てくれない新生児の赤ちゃんを包んで寝かしつけに大活躍してくれるアイテムです。

春夏用の通気性・吸湿性に優れたガーゼ素材のおくるみなら、赤ちゃんも快適にぐっすり眠ることができますよ!
新生児の赤ちゃん
おくるみは退院時に必要?退院時に赤ちゃんとママの服装は何を着る?おくるみと言えば、赤ちゃんの退院時の必需品!というイメージがありますが、赤ちゃんの退院時に必要かどうか?迷ってしまう方が多いようです。 ...

【4月・5月生まれ】赤ちゃんの服装の選び方

新生児の赤ちゃん暖かい春の日が続く4月・5月ですがまだまだ急に冷え込むこともあるので、4月・5月生まれの赤ちゃんの服装は冷えないように注意する必要があります。

病院から退院したばかりの赤ちゃんはまだ抵抗力が弱いので、なるべく病院と同じくらいの室温を保つようにしてあげましょう。

服装は、短肌着+コンビ肌着+ツーウェイオールの3枚重ねが基本ですが、赤ちゃんの背中を触った時に汗をかいているようなら、すぐに短肌着を交換してあげてくださいね!

新生児のうちは外出する機会は少ないので、普段はツーウェイオールを着せて外出時だけカバーオールを着せてあげるのがおすすめです。

次に、4月・5月生まれの赤ちゃんのベビー服の種類・枚数と選び方を紹介します☆

4月・5月生まれ ベビー服は何を着せる?

ベビー服というと上下が繋がったカバーオールをイメージするかもしれませんが、新生児~生後3ヶ月頃まではツーウェイオールが便利です。

ツーウェイオールは筒状のドレスタイプのベビー服で、ボタンを留めるとカバーオールになり2通りの着せ方ができますよ。

4月・5月生まれの赤ちゃんは生後2ヶ月頃まではおむつかえの頻度も多いので、ボタンを留めずにドレス状にして着せてあげるとボタンを付け替える手間が省けて便利です。

春~夏にかけてツーウェイオールを着る4月・5月生まれの赤ちゃんにおすすめの素材は、通気性と吸湿性が高いフライス・スムース素材のベビー服が最適です☆

...

春の赤ちゃんのベビー服の着せ方

4月・5月生まれの新生児の赤ちゃんにベビー服を着せる時は、まず短肌着+長肌着(またはコンビ肌着)を重ね着させた上にツーウェイオールを着せてあげます。

4月・5月生まれの赤ちゃんは春~夏の過ごしやすい時期に新生児期を過ごします。

気温が高くて赤ちゃんが汗をたくさんかいてしまうようなら、短肌着とコンビ肌着を重ね着せずに短肌着を着せてからベビー服を着せてあげましょう。

汗ばむような暖かい日は肌着だけでもいいかな?と思ってしまいますよね。

でも、新生児の赤ちゃんは体温調節機能が未熟で体調を崩しやすいので、肌着だけで過ごさせるのは避けててくださいね。
寝ている新生児の赤ちゃん
4月・5月生まれ│肌着の枚数は何枚準備しておく?素材は何がいい?暖かい日が多くなる4月・5月に生まれてくる赤ちゃんのためには、どんな肌着を準備しておいたらいいのでしょうか? 4月・5月生まれの新...

まとめ

新生児の赤ちゃんいかがでしたか?4月・5月生まれの赤ちゃんの退院時の服装や、毎日のベビー服の着せ方と選び方のポイントを紹介してきましたが参考になりましたでしょうか?

4月・5月生まれの赤ちゃんは暖かい時期に新生児期を過ごすので、汗をかいたままにしておくと汗疹が出てしまうので汗を書いたらこまめな着替えが鉄則です!

特に退院後は空調の効いていないお部屋で過ごすことがほとんどなので、暖かい服装をさせすぎると関節部分に汗が溜まって汗疹ができやすくなってしまいます。

室温は23℃前後を保つようにして、赤ちゃんの様子を見ながら服装を調整するようにしましょう。




春~夏の時期は、可愛らしいデザインのベビー服が沢山販売されるので、お気に入りのベビー服を4月・5月生まれの赤ちゃんの退院時に着せてあげてくださいね!
*関連記事  春生まれ 肌着の枚数は何枚準備しておく?肌着の種類と素材の選び方