新生児のお世話

短肌着は長袖と半袖のどっちがいい?新生児の肌着の着せ方のポイント

新生児期~生後3ヶ月のねんね期に使用する短肌着には長袖と半袖がありますが、どっちを準備しておけばいいのか?迷っているママも多いのではないでしょうか?

短肌着は長袖か?半袖か?は生まれた季節と住んでいる場所にもよりますが、基本的に短肌着は1枚で着せるものではなく、短肌着+コンビ肌着、短肌着+2wayオールなど重ね着をするものです。

ベビーウェアの下に着る肌着なので、短肌着を準備する時は季節に関係なく半袖のものを準備しておけば大丈夫ですよ。

ここでは、赤ちゃんの短肌着の選び方と着せ方のポイントと、赤ちゃんの色々な肌着の種類について紹介します☆

短肌着は長袖?半袖?どっちがいい?

短肌着を着ている赤ちゃん生まれたばかりの新生児の赤ちゃんから着せることが出来る短肌着には、長袖のものと半袖のものがありますが、年間を通して基本的に半袖のものを準備しておけばOKです。

ただし、冬生まれで寒い地域にお住まいの方は、長袖の短肌着も準備しておきましょう!

赤ちゃんは大人より暑がりで汗もたくさんかくので、長袖の短肌着+長袖のコンビ肌着などの重ね着だと暑くて汗をたくさんかいてしまうこともあります。

季節や室温に応じて、肌着の種類や枚数を調整して温度調節をしてあげるようにしましょう☆

上質な短肌着を選ぼう!

短肌着は赤ちゃんのお肌に直接触れる肌着なので、デリケートなお肌をしっかり守ってくれるように上質なものを選んであげたいですよね。

色々な素材で作られた短肌着が販売されていますが、生まれたばかりの赤ちゃんのことを考えると、空気を通しやすい通気性、汗を素早く吸収してくれる吸湿性に優れた綿素材のものを選んであげるのがおすすめです。

通気性・吸湿性に優れた素材と言えば、やはり綿100%のダブルガーゼやフライス生地です。

特に、綿が漂白されていないオーガニックコットンで作られた短肌着は新生児のデリケートなお肌に安心なおすすめの素材ですよ。
肌着姿の赤ちゃん
短肌着の50cmはいつまで着れる?サイズアップすべき?新生児の赤ちゃんの基本の肌着である「短肌着」は、一番小さなサイズの50センチのものを準備して着せていることが多いですよね。 小さく...

短肌着の着せ方と選び方のポイント

肌着姿の赤ちゃん新生児の赤ちゃんの肌着の着せ方の基本は、短肌着+長肌着orコンビ肌着を重ね着する方法ですが、これはあくまで一般的な着せ方です。

例えば、夏の暑い時期に短肌着と長肌着を重ね着させてしまうと、赤ちゃんは暑くて汗をたくさんかいて可哀想なので、コンビ肌着1枚を着せてあげれば大丈夫です。

また、冬の寒い時期は長袖の短肌着を着せるのも、防寒効果があるのでおすすめです。

出産準備として短肌着を準備するときは6~10枚あれば安心です。

そんなに沢山の枚数必要なの?と思うかもしれませんが、短肌着を着ている新生時期は基礎代謝が活発で1日に3~4回は着替えが必要ですし、ミルクの吐き戻しで汚れてしまいやすいので、洗い替え分を含めて多目に準備しておきましょう。

短肌着も半袖と長袖のものがありますが、季節によって春夏素材・秋冬素材のものが販売されているので、赤ちゃんが生まれてくる季節によって素材を選ぶようにしましょう☆

こまめな着替えでお肌を清潔に保とう!

はじめての赤ちゃんに短肌着を準備するときは、基本的に半袖のものを選び、季節に応じて長袖が必要な場合は買い足すのがおすすめです。

新生児の赤ちゃんは基礎代謝が活発で汗をたくさんかくので、短肌着を1日に何度も着替えさせてあげる必要があります。

お肌の上に汗が残ったままだと汗疹の原因になったり、乳児性湿疹を悪化させてしまう恐れもあるので、こまめに着替えをさせてお肌を清潔に保つようにしてあげてくださいね。

短肌着は生後2~3ヶ月頃までの短期間しか着せられない肌着ですが、生まれたての赤ちゃんのお肌を守ってくれる大切な役目のある肌着なので、上質なものを選んであげて下さいね☆

赤ちゃんの短肌着・長肌着・コンビ肌着の違いと選び方

コンビ肌着を着ている赤ちゃん産まれてくる赤ちゃんのために、出産前に肌着や服装、ベビー用品を揃えるのも1つの楽しみですよね!

その中でも肌着は必需品なので早めに購入を検討するプレママも多いと思いますが、短肌着・長肌着・コンビ肌着など色々な種類があり、違いと選び方が分からないママも多いはず。

どれも同じように見える新生児の赤ちゃん用の肌着にも、特徴と着せ方に違いがあります。

次に、短肌着・長肌着・コンビ肌着のそれぞれの特徴・違いについてご紹介します☆

 肌着の定番!短肌着と長肌着の違い

短肌着は新生児から使える赤ちゃんの肌着の中でも一番ポピュラーな肌着で、必ず準備しておきたいアイテムです。

丈が腰ぐらいの長さでひもで打ち合わせるタイプが主流で、身体にフィットして汗をしっかり吸収する汗取りの役割があり、寒い時にはほかの肌着と重ねて着せて温度調節をすることも出来る便利な肌着です。

長袖と半袖のものがありますが、基本的に短肌着は半袖のものを準備しておけば大丈夫ですよ。

長肌着は、短肌着と違い丈が長くてつま先まであるのが特徴で、短肌着と重ねて着せるので、寒い時期に使用する肌着です。

前が大きく開くのでおむつ替えが頻繁な新生児期に重宝しますが、スナップがついているコンビ肌着の方が着せやすく便利!という声も多いので、実際に使って違いを確かめて使いやすい方を選ぶようにしましょう☆

生後1ヶ月の赤ちゃん
短肌着は何枚必要?季節ごとの準備枚数と選び方と着せ方のポイント短肌着は生まれたての新生児の赤ちゃんに着せる基本の肌着で,名前でもわかるとおり丈が腰までで少し短めになっているのが特徴で、着せ方は赤ちゃ...

動いてもへっちゃら!コンビ肌着

コンビ肌着は見た目は長肌着とよく似ていて、丈が長い肌着です。

長肌着と違い裾が分かれていて、赤ちゃんの足の形に沿うように広がっていることと、スナップで股下を止められることが大きな違いです。

赤ちゃんは成長するにつれて手足が活発に動くようになるので、コンビ肌着を着せてあげると、足の動きを妨げることがなく裾がめくれてお腹が出る心配もありません。

赤ちゃんの成長を考えると、長肌着よりコンビ肌着の方が着る期間は長いのでどちらを買おうか迷っている場合は、コンビ肌着がおすすめです☆

まとめ

赤ちゃんの肌着いかがでしたか?新生児の赤ちゃんの短肌着は長袖?半袖?どっちがいいの?という疑問と、赤ちゃんの肌着の種類と選び方について紹介してきましたが参考になりましたでしょうか?

新生児の赤ちゃんの基本の服装の着せ方は、「短肌着」+「コンビ肌着」+「ベビー服」になりますが、暑い時には「短肌着」+「ベビー服」にしたり、臨機応変に肌着の種類を変えていくようにしましょう。

また、赤ちゃんは大人よりも体温が高く汗をかきやすいので、背中に手を入れて短肌着がじんわり湿っているようならすぐに肌着を着替えさせてあげるようにしてくださいね、

短肌着・長肌着・コンビ肌着それぞれの違いを上手に活用して、赤ちゃんが快適に過ごせるようにしてあげましょう☆
*関連記事  スリーパーはいつから使える?おすすめブランドと季節ごとの選び方